8月23日に放送の『鳥人間コンテスト 2017』の速報結果が気になりますね!

今年の鳥人間コンテスト『人力プロペラ機部門』では、遂に40kmの新記録で優勝したチームが現れたようで、放送が楽しみです〜(゚∀゚)

 

恐らく新記録達成チームは毎年優勝候補の3強日大(日本大学)』『東北大学』『東工大学』のいずれかだと思われますが…

結果が待ち遠しいですね〜♪

 

今回は『鳥人間コンテスト 2017』の結果速報や、新記録で優勝したチームを紹介します!(^^)

Sponsored Link

『鳥人間コンテスト 2017』の結果!速報

鳥人間コンテスト 2017 結果 速報

 

『鳥人間コンテスト2017』の速報結果はコチラです!

結果は速報で随時更新していきますね(゚∀゚)

 

☆鳥人間コンテスト『滑空機部門』の記録速報☆

・広島工業大学『HIT Sky Project』城戸 基輝 → 22.08m

・法政大学『航空工学研究会HoPE』屋敷 かおり → 29.12m

・『626Lab』 竹中 唯太 → 31.37m

・日本大学生産工学部『津田沼航空研究会』佐藤 光 → 440.37m(歴代5位)

・神奈川工科大学『SWIFT』中谷 拓人 → 21.63m

・豊田工業大学『翼人会SOLAE』田代 昂之 → 327.99m

・創価大学『鳥人間研究会』伊南 尚紀 → 25.07m

・滋賀県立大学『航空研究会UAfg』江越 啓太 → 11.57m

・九州大学『鳥人間チーム』坂口 光輝 → 332.91m

・東京理科大学『鳥人間サークル鳥科』加納 瑠美奈  318.72m

・『羽ばたいて飛びたい 親父達の会』長 裕 → 16.23m

・新居浜高専『Team Migrant』山本 無我  → 24.12m

・福井工業大学『鳥人間プロジェクト』佐藤 有起 → 18.18m

・『チーム てぷと』小澤 正弥 → 246.08m

・『Iwataniクリーンエネルギーチーム』矢野 善規 → 187.62m

・『Project Liberte』甲斐 正也 → 101.05m

・『チームハマハマ』福森 啓太 → 62.12m

・都立産技高専『TeamЯTR』川尻 司 → 305.68m

・『チームあざみ野』戸端 佑太 → 23.75m

・首都大学東京『MaPPL』宿南 勇太 → 325.14m

・静岡理工科大学『Sky Traveler』三浦 泰彰 → 9.36m

・『ねりまチャレンジチーム』吉田 雄一 → 14.85m

・兵庫県立大学『wishbirds』村本 大誠 → 24.65m

・『三鷹茂原下横田』大木 祥資 → 390.07m

 

☆『滑空機部門』の結果!順位と入賞チーム!☆

第1位 日本大学生産工学部『津田沼航空研究会』佐藤 光 → 440.37m(歴代5位)

第2位 『三鷹茂原下横田』大木 祥資 → 390.07m

第3位 九州大学『鳥人間チーム』坂口 光輝 → 332.91m

 

 

☆鳥人間コンテスト『人力プロペラ機ディスタンス部門』の記録速報☆

・京都大学『ShootingStars』齋藤 啓次郎 → 59.88m

・広島大学工学部『HUES』掛水 雅也 → 1075.92m

・東京工業大学『Meister』五十嵐 俊介 → 16801.28m

・大阪府立大学『堺・風車の会』赤瀬 恒明 → 13797.50m

・工学院大学『鳥人間プロジェクトB.P.Wendy』大野 孝太朗 → 41.10m

・『BIRDMAN HOUSE 伊賀』渡邊 悠太 → 40km制覇!

・早稲田大学『宇宙航空研究会 WASA』吉橋 航二郎 → 707.80m

・名古屋工業大学『人力飛行機研究会NIEWs』古永 拓也 → 2331.10m

・東北大学『Windnauts』多田 隼都 → 22657.79m

・芝浦工大『Team Birdman Trial』重松 諒/小池 匠 → 6625.68m

・東京理科大学『Aircraft Makers』百瀬 春基 → 164.14m

・名古屋大学『AirCraft』福永 紘平 → 57.22m

・『ROKKO WORKS』宮内 空野 → 30221.54m

・『豊田人力飛行機研究会 with 滝っ子』大原 満 → 2331.10m

・日本大学理工学部『航空研究会』塩見 爽 → 17406.86m

 

☆『人力プロペラ機ディスタンス部門』の結果!順位と入賞チーム!☆

第1位 『BIRDMAN HOUSE 伊賀』渡邊 悠太 → 40km制覇!

第2位 『ROKKO WORKS』宮内 空野 → 30221.54m

第3位 東北大学『Windnauts』多田 隼都 → 22657.79m

 

 

鳥人間コンテストも今大会で第40回になり、2017年もレベルの高いチームが勢揃いです!

 

『滑空機部門』での注目選手はやはり『三鷹茂原下横田』の大木祥資さんですね(゚∀゚)

 

大木祥資さんは1999年の第23回鳥人間コンテストから、『滑空機部門』でほとんど優勝されており、2016年大会でも優勝しています。

大木さんは毎大会で安定して400m以上の好記録を残しているので、対抗のチームが優勝するには最低でも400mは飛行しなければなりません!

 

最強チーム『三鷹茂原下横田』の大木祥資さんに対抗できるチームが現れるのか、注目です♪

 

また、『人力プロペラ機ディスタンス部門』では、大会新記録となる40kmを達成したチームが現れました!

今までの大会最高記録は2008年『第32回鳥人間コンテスト』で36kmを達成した東北大学『Windnauts』でした。

 

その好記録を大きく上回る脅威の40キロの新記録を残したチームがどこなのか、楽しみですね〜(*´ω`*)

 

また女優の土屋太鳳さん、岡副麻希さんなどかわいい女の子が応援する姿からも目が離せません!笑

Sponsored Link

『鳥人間コンテスト』新記録で優勝は日大か東北大学、東工大学か??

鳥人間コンテスト 新記録 優勝 日大

 

ここからは『鳥人間コンテスト2017』の『人力プロペラ機ディスタンス部門』で優勝するチームを予想します!

 

ここ最近の『人力プロペラ機部門』では、日本大学(日大)・東北大学・東京工業大学(東工大学)の三つ巴となっており、この3強のいずれかのチームが新記録40キロを達成した可能性が高いです!

 

ちなみに2016年大会では日大、2015年2016年は東北大学、2014年には東京工業大学が優勝されていますね(゚∀゚)

 

正直予想は難しいですが、2017年『鳥人間コンテスト』のCMで日本大学っぽい飛行機が夕方に飛んでいましたので

日大が新記録を達成した可能性は高いです!

 

こちら若干のネタバレ動画になっています

ネタバレしたくない方は見ないでくださいね!笑

 

 

 

例年、日大は安定した結果を残していますし、

何より僕の出身大学が日本大学なので…!笑

 

個人的に肩入れしています(^_^;)笑

 

どちらにせよ、3強の日大、東北大、東工大のいずれかが前代未聞の新記録『40km飛行』を達成して優勝する可能性が高いです!

 

今夜テレビ放送される『鳥人間コンテスト2017』が待ち遠しいですね(^^)

結果や記録、順位の速報は随時更新していきますね♪